レザーを着て死ね

関西出身 現在東京近辺でサバイヴ(仕事)する男 のブログ I HATE YOU

美空ひばりがカラオケにやってきた

学生時代にバイトしてたカラオケボックスバイトリーダーの小山さんは、お客にあだ名をつける名人だった。「スカンク」「小銭虫」「鍵っ子」「中肉中背低学歴」「ミカヅキモ」「売春ゴリラ」「理系のブス」「シャクレ神戸」「カナブン」等バラエティーに富んだあだ名は基本的にはお客さんにばれたら即倒産に追い込まれるであろうあだ名ばかりだった。
そんな失礼な先輩から「オペラくん」というあだ名をつけられた40代前半のおじさんがいた。オペラくんは毎週土曜日の19時から20時に1人で来店し、きっかり一時間歌って帰っていく。毎回、最初にウーロン茶を3杯注文し、マイクを使わずに全力で歌い続ける。一度も椅子に腰かけることなく、真っ直ぐ画面の方を向いて、足を開き腹に手をあて声をだすその姿はオペラ歌手さながらでまさに「オペラくん」の称号に相応しかった。オペラくんの声はマイクを使う他のどんな客よりも良く通り、フロア全体にその声が響き渡る程だ。  

オペラくんの人柄はというととても親切で礼儀正しい人だった。私のようなバイトにも礼をかかさず接してくれる。過剰なぐらい丁寧で謙虚な方だった。
ある土曜日、いつもの様にオペラくんが1人で来店してきた。「今日もよろしくですー」と深々とお辞儀するオペラ君。私はオペラくんがお気に入りの304号室まで案内する。手慣れたものだ。注文はもちろんウーロン茶3杯。今日も誰にも邪魔されない空間を楽しみたいようだ。「すぐお持ちします」と伝えると、オペラくんは「あっ、はい!よろしくですー」と深々と頭を下げ愛想よく接してくれる。急いでフロントに戻り、ウーロン茶を3杯持ち再度オペラくんの待つ304号室へ向かう。

3階につくと「あぁーーーーあぁぁぁーーーーー!かわのながれのよぉぉぅーーーにーーーー!」というオペラくんの大きく美しくそして広がりのある歌声がフロア全体を包んでいる。今日のファーストチョイスは美空ひばりの往年の名曲「川の流れのように」だ。

邪魔しないように静かにドアを3度ノックし室内に入る。オペラくんはいつもの様にマイクを使わず一生懸命そして情熱的に歌っている。そんなオペラくんを尻目にウーロン茶をおくためにテーブルに近づく、

 

曲はまたしてもサビだ。「あぁぁぁーーーーーー」

 

グラスをテーブルに置く その瞬間

 

「あぁぁぁーーーーー!あぁーーーーーーーーりがとうございますぅー」って川の流れに乗ってめっちゃええ声で言われた。

 

すぐにバイトリーダーの小山さんに報告した。「オペラくん」のあだ名はその日から「サンキュー」になった。

 


美空ひばり 川の流れのように

広告を非表示にする