読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レザーを着て死ね

Ihate you なめられたくない全ての男に送る

日本は寛容さを取り戻すべきである

昔は良かった。まだ30代だけど、80年代から90年代初期は本当に良い時代だったような気がする。昔のことだから美化されているのかもしれないけど、それにしても日本全体に人情や寛容さが残っている時代だったんじゃないかなと思っている。

私が青春を過ごしたマンションの近くに小さな公園があった。学校が終わると皆ダッシュでその公園にむかい暗くなるまで遊ぶのが日課だった。そんな子ども達の遊び場に「チンポコポロリ」はいた。チンポコポロリは40代前半ぐらいだったと思う。いつも発色の良い暗闇でよく光る短パンと背中の大部分がえぐれたクタクタのランニングという奇怪かつ滑稽な出で立ちで私達と一緒に遊んでくれた。おじさんはかなり遅くまで遊んでくれるのだが、遊んでいる途中なんの脈絡もなしに1日最低1回は「チンポコポロリー!」と叫びながら猛った男性器を私達に見せた。そんなおじさんの男性器を見て、ウンコだチンコだの下品な言葉が大好物な多感な時期の私達は皆一様におおはしゃぎした。そんな反応に気を良くしたおじさんはポロリする回数をどんどんエスカレートさせ、しまいにはほとんど出すようになった。おじさんは「門限なのでそろそろ家に帰る」と子どもが帰宅をほのめかすと両手をこれでもかと言わんばかりに大きくひろげ「バッチコイ!」と高らかに叫んで一人一人力一杯だきしめてから見送ってくれた。皆おじさんにかわいがってもらえることが嬉しくて公園にいくのが楽しみだった。しかし、私たちのグループの1人が母親に「おじさんのチンチンは担任の先生よりでっかい!校長先生と五分!」みたいなイカレトンチキのような自慢をしたことから事態は一気に暗転した。母親同士で緊急会議が行われ、ただちに皆で「チンポコポロリ」がいる公園まで事態の確認にいくことに決まったのだ。普段子どもしかよりつかない公園に大人が大勢押し寄せる不穏な空気を敏感に察知したおじさんはすぐに草むらに逃げるという短パンランニングをフルに活かした逃亡劇を図った。しかし、異常に発色の良い短パンが仇となりすぐに母親達に発見され取り囲まれた。怒り狂った親達に口々に「変態だ!」「なぜ男性器をみせるのか!」「警察につきだす!」など一様に問いつめられたが
おじさんは平然とした態度で悪びれる様子も見せず「医者に言われたので患部を外気に晒している」と言い訳にもならない言い訳をした。
呆気に取られた親達は一瞬反応に困ったもののもう関わりたくないといった様子で「病気なら仕方がない」「かわいそう」「心中お察しします」などと詭弁を口々にたれながし、最終的には警察には届けないが今後公園に近寄らないことを約束させその日はことなきを得た。その後もおじさんはこりずに「お母さんに内緒やで」と飴玉を配りながら不適な笑みをうかべ週に1度ぐらいのペースであらわれていた。そんなおじさんも数ヶ月後、街から姿を消した。
今もどこかの街でチンポコポロリしているのだろうか、していて欲しいなと思う。

広告を非表示にする